スポンサーリンク

自己肯定感の低い人が自己評価を上げるためのヒント

若者を中心に、自己肯定感の低い人が増えているという話をよく耳にします。自分のことが好きになれず、毎日が面白くないと感じる人が多くなっているというのです。

スポンサーリンク

そもそもどうして自己肯定感の低い人が増えているのかというと、他者との比較で評価がされる機会が社会のなかで多くなっていることに関係性があると思います。

それは今に始まったことではありませんが、例えば学校教育ひとつとっても、本人の可能性より偏差値を重視する教育がなされている場面が多くあります。

他人と競い切磋琢磨することはいろいろな意味でよいことですが、それは個々の人間を対象に見てみたとき弊害を生むといわざるをえません。

そのひとつが、他人との比較により自分の価値を見いだせなくなるという人が出てくることです。

他人と比べて負けていたら奮起しがんばれる人なら良いかもしれません。

ただ、全員がそうとは限らないわけです。

他人と比較され、自分が劣っているということを数字で提示されれば、「自分は価値がない人間なんだ」と思い込んでしまう人も存在するというわけなのです。

本来、人間は空気を吸えているだけでも十分素晴らしいことです。

しかし、他人との比較で評価される社会においては残念ながら「そんなの当たり前のことに過ぎない」という判断になってしまいます。

他人より勝っている部分がなければ評価をされないという価値基準では、他人と比べて自分が足りない部分にばかり目が行くからです。

その結果、競争に負けるたびにため息をつき、頭を垂れて人生を送っていくということになってしまうのです。人それぞれ素晴らしいものごとをたくさん持ち合わせているというのに、それは非常に惜しくて悲しいことだと言わざるを得ません。

スポンサーリンク

そもそも、自己肯定感の低い人はなぜ自己評価が低いのしょうか?

それは、向上心があるがゆえに自分自身の掲げている理想像が高いからだと思います。

その理想像と現実とのギャップが大きいと感じるとき、自身に失望してしまうのです。

年齢を重ねるにつれ他人との相対評価が多くなることで、失望の機会が増え、ますます自分に自信をなくしてしまうという悪循環を繰り返してしまいます。

では、自己肯定感が低い人はどのようなことに意識すれば、失った自信を回復することができるのでしょうか?

それは、他人との相対評価をやめることです。そのためには、例えば比較をする対象を「どん底だった時の自分」に変えてみてはどうでしょうか。

今まで生きてきた中で、最悪だったときのことを思い出してみるのです。そのときの自分と今現在の自分を比較してみるのです。

すると「あの時と比べたら今はありがたいなあ」と不思議と思えてくるはずです。

比較の対象を下げたことで今の自分が持ちあわせている「プラスの面」に目が行くからです。そして感謝の気持ちが湧き上がってくると思います。

そういったことを日常生活のなかで繰り返していくのです。

すると、徐々に自信が回復してくると思います。そしていつしか他人のことも自分のことも好きになり、良い人やチャンスが巡りやすくなることで人生は好転していくと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク