孤独感に襲われるとき、押し寄せる不安を克服するためのヒント

人間は日々の暮らしのなかで多かれ少なかれ「孤独感」を感じる動物です。

人間は孤独感を感じたとき、何とも言えない不安に襲われ、自分という存在がちっぽけな存在に見えやすくなります。

スポンサーリンク

そもそも人間はどうして「孤独感」に襲われるかというと、それは、無意識のうちに防衛本能が働くからだといわれています。

人間は遠い祖先の時代から集団で生活を送ってきたため、孤立化したときに生命の危機を感じるよう、脳が警告信号を出すようになっているというわけです。

孤独感を感じたら、それは危機状態を示すサインというわけですが、あくまでも本能的なものであり、現実社会において、「孤立化=生命に危機が及ぶ状態」ということはほとんどありません。

ですから、防衛本能が強すぎて、孤独感を感じやすい人は現代社会の生活においていろいろ弊害が生じてくるということになるのです。

孤独感と隣り合わせの日々というものは、概して心地よくはないものです。ですから人間は、なるべく孤独感を感じないように、さまざまな人とつながりを持とうとするわけです。

しかし、孤独感を解消してくれるような、心を許せる人がいつも周りいてくれるとも限りません。

ですから、人はときによっては、打ちひしがれるような孤独感を感じ、生きる原動力までも失ってしまうというわけです。

スポンサーリンク

では、どのように考えれば、人間は孤独感を克服していけるのでしょうか?

それは、何か夢中になれることに没頭する状態をつくりだすことが重要だと思います。

仕事でも趣味でも何でも良いのですが、なるべく心の底から楽しめるようなものに集中するのです。

なぜその手段が有効なのかというと、人間の脳は同時に2つ以上のことを考えるのを苦手としているからです。

孤独感を感じるとき、何か別の作業に没頭することで、「孤立化している」という状況を脳に認識させる隙を与えないようにするのです。

孤独感を感じるとき、人はなかなか気力が湧かないものです。ただそんなときこそ、やる作業を何かひとつ決めて、敢えて取り掛かってみるのです。

すると、作業に取り掛かった時点で、不思議と不安感は随分解消された状態になっているはずです。

以上が、私なりの孤独感を解消するための考え方です。

ただ、これはあくまでも一時的な解決策であるにすぎません。その根本が改善されなけなければ、事あるごとに、孤独感が頭をもたげてくるはずです。

一時的に孤独感は解消できたとしても、集中力が途切れふと気を緩めたとき、再び孤独感が襲ってくるというわけです。

では、根本的に孤独感に襲われにくくなるためにはどうすればいいかというと、自分自身を否定的に考える時間をつくらないことが重要だと思います。

そのためには、「信頼のおける人間関係」および「自信を持てる自分なりの生き方」を確立することが求められることでしょう。

「信頼のおける人間関係」を構築するためには、現在の人間関係が、表面的なものになっていないかどうかを見直すことが重要だと思います。

また、「自信を持てる自分なりの生き方」を実現するには、他人と自分を比較してものごとを考える癖がないかチェックしてみることなどがポイントです。

将来に向けて何らかの夢や目標を持ち、自分が今持ちあわせているものに感謝の気持ちを持つことが習慣化できれば、自然と自信ある生き方につながってくるのではないかと思います。

孤独感を感じやすいということは、根本的に自分に自信を持てていないということがいえると思います。自信がないからこそ雑念が入りやすく、不安定な心理状態になっていると考えられるからです。

未来に向けた軸がしっかりと据わっていて、かつ自分の生き方に自信を持つことができれば、孤独感による不安に打ちのめされにくくなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク