スポンサーリンク

愛想の悪い人とうまくコミュニケーションをとるコツ

人が集まる場では、いろいろな人と人間関係を構築していくことが求められます。ただ、人によっては接しにくい相手というのもいるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

人はそれぞれ価値観や考え方が違っているので仕方のない面もありますが、「接しにくい相手」の存在もストレスの温床となりやすいのではないかと思います。

そのカテゴリーのひとつとして挙げる人が多いのが「愛想の悪い人」です。

「不愛想な人」が心理的に敬遠してしまわれがちなのは、その表情から「怒っているのではないか?」「嫌っているのではないか?」などと判断されがちだからだと思います。

不愛想な人と接すると、自分に何も落ち度がないのに、相手が不愛想であることをあたかも自分に原因があるのではないかと錯覚して思い詰めてしまう人もいるのではないでしょうか。

ただ、不愛想な人は感情を表情に出さないだけで、心のなかではどのように思っているか分からないものです。例えば、褒めて表情一つ変えなかったとしても、内心は嬉しく思っていることもあるわけです。

スポンサーリンク

どうして不愛想な人が不愛想なのかというと、その理由はあまり人づきあいをしたくないというものだったり、感情を表情に出すことを恥ずかしく思っているなどさまざまだと思います。

ただ、必ずしも相手に不快感を持っているから不愛想であるというのではなさそうです。

ですから、不愛想な人と接するとき「表情で喜怒哀楽を表現しない人もいるのだ」ということを認識し、その表情によっていろいろ憶測しすぎないことが重要なのかもしれません。

「不愛想なのには何か特別な事情があるのだろう」と考えておくくらいがいいのではないかと思います。

そういったことをふまえたとき、不愛想な人と接するとき、あまり深く考えずに、できるだけ笑顔で接するのがよいのではないかと思います。

なぜなら、相手は安心して心を開くということもあるものだからです。

また、淡々と話すよりも、こちらが少々オーバーに反応したり、相手が得意とする分野の話題を振ったりするなども効果があると思います。

不愛想な人はコミュニケーション力に自信がない人が多いです。ですから、こちらから積極的にコミュニケーションをはかる姿勢が重要だということです。

とはいえ、相手が本当に怒っているというケースもあるので、その点は敏感に察知する必要性はあるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク