真面目すぎる人が他者の言動や態度を過度に気にしなくなるためのコツ

真面目すぎる人は几帳面で完璧主義です。ですから、些細な人間関係が気になってしまいます。

それを解決するためには、他者に対する概念を変える必要があろうと思います。

スポンサーリンク

真面目すぎる人は人間関係を考えるうえで、「自分の評価は他人が決める」というように考える傾向があるのではないかと思います。

それは真面目な方によくありがちなことですが、周囲の人間の期待に応えたいという思いとにかく強いわけです。

そうすると、どうしても他人の態度や言動で一喜一憂し、期待に応えられていないと感じたら自己否定を繰り返すことになってしまうのです。

ですから、「自分の評価は自分で決める」という風に概念を上書きすることが必要だろうと思います。

そのためには、他人というのは、絶対的な存在ではないということを日頃の生活の中で認識する機会を増やすことが有効だと思います。

スポンサーリンク

人間は誰かと接するとき、相手に非がなくてもその日の気分や体調によっても機嫌が悪くなったりするもの。

また、どれだけその人の考えていることが正しいこともあれば間違っていることもあるわけです。

要は、他人の言動や態度は参考にするべきことはあっても、それ以上のものではないということです。

その点を考えもっと自分に自信を持つことで、自己肯定感が高まり、人間関係を延々と悩むことは解消されていくと思います。

あとは、趣味などご自身が心より没頭できることにもっと時間を費やすのも効果があると思います。人間の脳は同時に2つ以上のことを考えるのを苦手にしているからです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク